ラメテックDT100mgは製薬会社ジブラが製造しているラミクタールのジェネリック医薬品で、ラミクタールと同じような効果を得ることができて安価な価格となっているため、購入する側の負担が少ないというメリットがあります。
ラメテックDT100mgの主成分はラモトリギンですが、これは脳内にある神経に作用を働きかけ、それによって興奮状態を鎮静化させる効果があるのですが、これによっててんかん発作や痙攣などの症状を緩和することが可能です。
また、半減期が長いという特徴があり、その効果は最大で38時間の継続時間がありますが、ナトリウム剤と併用することによって元々の半減期よりもさらに長い半減期になるとも言われています。
ただし、ラメテックDT100mgの使用に関して他の医薬品と併用する場合は原則として医師に相談することが必要なので、半減期を長くするということからナトリウム剤を使用する場合は必ず医師に相談してから服用する必要があります。
ラメテックDT100mgに含まれているラモトリギンはてんかんに対しての治療薬として使用されるだけでなく躁うつ病の治療薬としても広く使用されていますが、それぞれで用法用量は違っているので服用をする前は必ず確認する必要があります。
また、副作用の症状が見られることもあるので少しでも服用によって異変を感じた場合は服用を止めて医師に相談をする必要があります。
副作用の症状の中で意識朦朧やめまい、発疹、発熱や貧血などの症状が出た場合は特に注意が必要です。