ラミトールOD錠50mgは製薬会社トレントファーマが製造しているラミクタールのジェネリック医薬品ですが、ラミトールOD錠50mgの主成分となっているラモトリギンは抗てんかん薬として使用されています。
ジェネリックということもあってラミクタールと同じ主成分となっているため、ラミクタールと同じ効果が得られることに加えて、ジェネリック医薬品なのでラミクタールよりも安価な価格で購入することができます。
ちなみにてんかんを治療する際に働く作用としては脳の興奮を鎮静化させることによるものですが、てんかん時は脳が電位を持ち興奮状態になっているため、これによって様々な症状が出ています。
また、ラミトールOD錠50mgは躁うつ病に対しての治療薬としても使用されることがありますが、躁うつ病というのは躁状態の時は気分が高揚している状態、うつ病は気分が滅入っている状態です。
両方の症状が顕著に出て繰り返す病気ですが、これも脳内の興奮などが関係していて、ラミトールOD錠50mgに含まれているラモトリギンが作用することで症状の治療に繋がるというものです。
使用方法に関しては、その人の年齢や体質などによっても変わってくるので医師に相談して用法用量を守るということが必要になりますが、いずれにしても上限は400mgとなっているため、これを超える服用はできません。
効果が得られないという理由で用法用量を守らないで必要以上に服用する人もいますが、重度な副作用の症状などが起こる可能性があるので注意が必要です。