ニゾラール錠はヤンセンファーマが製造している先発医薬品ですが、関連しているジェネリック医薬品はデノンソープやデノンシャンプーとなっていて、含まれている主成分についてはイミダゾール系のケトコナゾールという成分ですが、他のニゾラール製品と違って内服薬という特徴があります。
服用することによって水虫やカンジダなど真菌が起因して起こる症状に対して一定の効果が期待できますが、直接患部に対して塗布をするのではなく体内から効果を与えることができるため、効率的に原因となる真菌に対して効果を発揮することができますが、内服薬ということで塗り薬やシャンプー、ソープとは違い副作用のリスクが高くなります。
最近は抗真菌作用としてだけでなく、育毛成分としても脚光を浴びるようになっているニゾラール錠ですが、頭皮の状態によっては逆効果の可能性もあるので注意が必要です。
塗り薬やシャンプー、ソープのように患部の赤みや痒みが出るという副作用は少なくなっているものの、めまいや動悸、あざや出血、倦怠感、鬱状態、錯乱、吐き気や胃の痛みなど様々な副作用リスクがあるため、服用して少しでも体に異変を感じる場合は服用を辞めて医師に相談しましょう。
また、ポルフィリン症やガラクトース不耐症などの症状を患わっている人は使用できないことになっているので注意が必要ですが、肝機能障害などの副作用が見られることがあるので、肝疾患がある場合も使用は避けた方が無難です。