ニゾラールクリームはヤンセンファーマが製造している医薬品で、ニゾラールクリームは先発医薬品というカテゴリになりますが、ジェネリック医薬品としてはデノンシャンプーやデノンソープがあります。
主成分となるのはケトコナゾールですが、ケトコナゾールは真菌に対して殺菌作用があるため、真菌の水虫やカンジダ、白癬などの症状に対しての治療薬として広く使用されています。
ケトコナゾールの具体的な挙動としては真菌の細胞膜を攻撃して真菌を消滅させるというもので、直接的な効果を与えるというのが特徴となっています。
ニゾラールクリームは塗り薬であるため、内科的な副作用のリスクはかなり低くなっていますが、成分が皮膚に合わないということで赤みやかゆみが出るなどの副作用が出ることもあるので、これらの副作用の症状が見られる場合は使用に関して注意する必要があります。
ちなみに真菌が完全に消滅するまでの時間はかなり長く、特に水虫などの症状は患部に塗布しても白癬菌が皮膚の下に潜って薬の効用から逃げるため、死滅させるまでには年単位の時間を要することもあります。
また、白癬菌の挙動からも分かるようにニゾラールクリームを患部に塗布する場合は多くの量をべったり塗布するのではなく、適量を患部に塗布してよく擦り込むことが大切で、特に水虫の症状が見られる場合は足の甲など厚い皮膚は白癬菌の逃げ場が多いため、皮膚の奥まで浸透するようなイメージで塗布することが大切です。